クリニックを比較して選ぶことが重要なポイント

サイトメニュー

薬剤選びは重要

エステティシャン

治療の効果や費用と薬剤の関係

注射だけの治療内容で、手術でしか得られなかった美容効果を得られるボトックス治療があります。ボトックス治療で注入する薬剤はボツリヌストキシンと言われ、以前より顔面麻痺等の治療現場で使用されていたものが美容医療に転用された歴史があります。ボトックス注射治療で使用される薬剤はボツリヌストキシンのみですが、これには正規品とジェネリックが存在しています。正規品は治療現場でも使用されていたアラガン社製を指し、ジェネリックは各国や製薬会社が製造しています。ジェネリックは正規品と同一成分同効果なので、当然副作用の発生はないとされています。ただし、各国で安全基準は異なりますし、製薬会社の管理体制にも差はあります。副作用はないとされていますが、不純物の混入は懸念されています。正規品のボトックス治療よりジェネリックの方が安く治療を受けられます。ボトックスの効果は半年程なので、効果持続には効果が切れる前に再注入の必要があります。費用は薬剤検討の際に重要な要素ではありますが、ジェネリックは安全性について厚生労働省は認めてはいません。費用のジェネリックか安全性が保障されている正規品かが、薬剤選びのポイントになります。医師から十分に双方について説明を聞き検討する必要があります。

ボトックス注射治療はボツリヌストキシンを注入するだけの治療内容です。注入場所は自身が気になる部位や改善したい部位です。その部位のみに効果が現れるのですが、どの様な作用になっているのでしょうか。ボツリヌストキシンは神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌を抑制する効果があります。脳からの神経伝達物質であり、身体の筋肉は脳からのこの信号を受け取って緊張や収縮を行います。その信号を遮断する事により、過度な筋肉の動きを抑制する事がボツリヌストキシンにはできます。緊張を和らげられた筋肉は使用を控えさせられている状態です。筋肉は動かしたり負荷をかけたりすると肥大しますが、休んでいると日を追う毎にスリムになっていきます。それを活用し、筋肉太りを解消する事がボトックス治療です。それらを副作用なしで得られます。また顔のしわは表情を作ったり、あまり意識していませんが細かく動く事で皮膚にその跡が残る事でも起こります。それらも筋肉の働きを弱める事で予防や改善する事ができます。この様に筋肉が要因で起こる美容上のトラブルを改善する事が、ボトックス治療では可能です。筋肉の活動を抑えるという事ですが、それも日常生活に支障をきたさない程であり、治療による副作用やトラブルは発生しません。食事をしたりといった日常生活動作に支障をきたす事はありません。

Copyright© 2019 クリニックを比較して選ぶことが重要なポイント All Rights Reserved.